読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Visual Web Developer 2008 SP1 で Silverlight

Silverlight RC0 の Silverlight Tools から Visual Web Developer をサポートしたということなので試してみました。ついでにほかのことも試してみました。

まずはインストール。インストールし終わってふと思いました。


「英語版もいれてみて共存できんのか?」


できました。
[オプション]の[国際対応の設定]でバッチリ切り替えられます。


これで、例えば新しい Silverlight Tools が出て、日本語版がまだ出てないって時でもすぐに試せます。OK


次に Silverlight Tools のインストール。これもあっさりできました。無事に Silverlight プロジェクトが追加されてて作れます。

こっから先は同じです。Silverlight をホストするプロジェクトを作るか、中で HTML ファイルを作るかのダイアログが上がって、いい感じに設定した後で開発開始。

こうなってくるともうひとつ疑問が上がってきます。


Expression Blend と連携できんのか?」


ってことでやってみました。
Expression Blend は英語版をいれて、SP1 の Preview 版を入れてみました。
これは半分くらいは無理かなぁと思いながら試してみたのですが・・・


できました。


もう、「いいんですか?ほんまにいいんですか?」って感じです。さすがです。さすがマイクロソフト


小さい Silverlight 開発なら Web Developer で十分じゃないでしょうか。というか、十分でしょう。